■プロフィール

ぐしぃ にぶ

Author:ぐしぃ にぶ
岡山在住
猫好き
CM好き
仏車好き
おもしろい事好き な「嫁」です。^-^

「ぐしぃ」・・・「ドジ・鈍臭い」の意味。

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■FC2カウンター

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
ヤバイ。
ヤバイ! 

ヤバイ! ヤバイ!!

ヤバーーーいぃ!!!   



確定申告、まだ書類出来てなーい!!! 

経理も担当している私。

わ~お!!気がつけば かなり キワキワだー!!! 



やらなきゃね。

やらなきゃいけない その時は、

なぜか 「ブログ書こかな~~~。」  なんて、

思っちゃうもんで・・・。 





テヘペロッ





・・・・・。 はい。 やります。

このあと がんばって追い上げます。

はいはい。

やるやる。

やるよ~。

わかってるよ~。 



ボローニャ用に、ちっちゃい除湿機欲しいなあ。

ネットで検索してみよかな~~~。 



は~~~~い。

やりま~~す。



5分休憩したら、 はじめまぁ~~す。 







          ***



ボローニャに来てたネコのトイレ対策に、最終手段の「エサ場」作戦に出た。

餌をやってトイレをやめさせる。

エサは傷むから、またたびの粉を少量置いといたの。


効果は、 あったみたいよ。


毛がこびりついてるお

またたびの器は、よだれで毛が かぴかぴに ひっついてて、

土を掘り起こした跡がある。

・・・・・・・・。 どんな光景だったのだろう・・・・・。







スポンサーサイト
未分類 | 18:03:27 | トラックバック(0) | コメント(2)
ネコとカラス
ネコとカラスは、 私の好物です。

どっちも観察してて面白いから、 大好物。 





打合せに同行中、 裏道、 裏道と、 進んでいたら、

冬の 見通しのよい田んぼに、 黒白柄のネコが・・・。 

「お、ぬこ。」  と、 見てたら、

その後ろには、 カラス。 



同時に見れるなんて、 ラッキー。

車のスピードを落として しばし眺める。

裏道だから車の往来も少ないし。 





こんな感じの 光景。





ネコが あぜ道を とろとろ歩く。  

少し後ろのカラスは ぴょんぴょん跳んで 前進してる。  




ネコとカラスの 距離は 約1メートル。

ほぼ 等間隔で 移動する。




ネコ、 振り返る。  

カラス、 止まる。  




ネコはまた、 不器用そうに  のそのそ 歩き出す。  

カラスもまた、 リズム良く  跳ねて進む。  




ネコ、 止まる。  

振り返り カラス見る。  




カラスも、 止まる。  

よそ向いて 首傾げる。  




ネコ、  腑に落ちないけど  また歩く。  

カラス、  ぴょんぴょん ネコに  ついて行く。  





・・・・・・・・・・・・・・・。





そこで後続車が来たから あわてて車を発進させた。





なんだったんだろう。 今の光景・・・。

ネコと カラスが、 からんでた !?!   !





あれって、

ネコとカラスは、 友達なのかな ??



それとも

ネコがカラスに からかわれているのかな ???



どう見ても、 後者のような ・・・・・・・・。 





でも、カラスが 「 ネコ だ~い好き ラブ~ 」 な感じもするし・・・。

ちょっと困り顔のネコが  笑える。 





とりあえず、 コミュニケーションは 取れてたような 。

例えるなら  異業種交流会?   

いやいや 「 異動物間交流 」  か。 


なんか、 とっても嬉しい、  微笑ましい光景でした。

ある意味、 未知との遭遇。 




お宝、 発見!     また  あの道を 通ってみよう。  







また、 むかし撮った写真で ごまかす・・・・・・・・。

くろしろにゃん
困ってたネコは、 こ~んな感じの柄。





カラスはみんな内股O脚
うきうきカラスは、 こ~んな おむつはいてるような動き。







未分類 | 22:17:21 | トラックバック(0) | コメント(2)
日常
最近、連続クシャミが止まらない。

今日、連続クシャミを数えたら、なんと 11回だった!

ちょっとした記録って感じで、嬉しかったりして。 


        ***


夫が仕事先でいただいたゆずジャム。

ほろ苦・甘い味を想像し、わくわくして食べたら  ぼんやりとした甘い味だけだった。

苦笑いで、ほろ苦さをプラスした。 


        ***


愛媛のタルトキャラクターの おみくじを買ったら 「凶」 だった。

「凶」と、デカデカと描かれた缶バッジが付いてて、

縁起悪いから忘れようと思っても、いつまでも 手元に残る・・・・・・・・。

このインパクトは、稀なものだろう。

いつまでもネタになる貴重な経験は、 アンラッキーだけど ラッキー!! 


        ***


道の駅のわんこと ふれあいをした。

わんこ愛用のタオルを結んだおもちゃで綱引きをした。

楽しくてわんこが興奮し始めたんで、 落ち着かせるために 首まわりを撫でてみた。

あれよあれよと言う間に、わんこは寝そべり くつろぎモード。

「ようこそ」という看板の前で、看板犬がマッサージ客に・・・・・・・・。

私が お客さんのハズなんだ ケド。 


        ***


今年は桜をよく見る機会があってとても嬉しい。

ソメイヨシノも好きだけど、山桜の葉っぱと花の混色は大好き。

花粉症でも気にしな~い! 


        ***


周囲に桃畑がいっぱいあるウチは、

今、桜と一緒に桃も咲き始めて、 色とりどり!

桃の木にぼんぼりが灯るように、 蕾がだんだん膨らんでいく姿は ステキです。 



         



日常は、 当たり前にそこにあって、

気づかないうちに過ぎてしまうときもあるけど、

とても いとおしい。

かけがえのない時間だなあ・・・ と、かみしめる。









今日、原発の事故評価が 「レベル7」 に引き上げられた。

同じレベルでも、チェルノブイリよりはマシ。 と、伝えられているけれど、

事故は今も収束未定のまま。 この先、悪い方向に進むかもしれない。









かけがえのない日常を 守りたい。

いま悲しんでいる人の日常も、 そうでない人のも、 みんな。

エネルギーについて いろんな事を知り、暮らし方も見直してみようと思う。

私にできる、 ポジティブな一歩を 踏み出してみる。 







大切な日常風景
かけがえのない日常は、地球の生き物みんなの財産。






未分類 | 19:16:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
生きる。
東北の大きな地震から まる一週間経った。

暫くは通信回線の利用を控え、テレビとラジオから情報を得る。

テレビは、結局NHKしか観なくなった。

私には、特にフジテレビがキツかった。 悲しく、憤りさえ感じた。

NHKのあさイチの皆さんの一生懸命な姿が、強く心に残る。





12日、事務所で仕事中 ラジオをかけて聴いていた。

以前、地震にあった人からのリクエストで、

「アンパンマン」の曲がかかる。

被災地ではラジオが重要な情報源だから、

怖がる子供たちの不安を癒してあげるために、と。



なるほど。 と思いながら 聴いていると

涙が出てきた。

大人にも必要な曲だと思った。



シンプルなメロディー

わかりやすい前向きな言葉



平和な日常では、「クサイな。」「物足りないな。」 なんて思う私が

号泣してた。

ものすごく心に響いて、前向きな涙が流れた。





平和に浸りすぎている自分に気づいた。





昨日、僅かだけど 義援金を振り込みに ゆうちょへ行った。

僅かなのに、窓口の人は かがやく笑顔で

「ありがとうございます。」

と言葉をくれた。



今までもっと頑張っていたら、もっと義援金送れるのに・・・。

自分に はがゆい気持ち。


これからは、仕事、頑張ろうと思う。

どんどん いい汗かいて稼ごうと思う。

私はキャリアとか、まったく無いけど、

どんどん! どんどん!!

いい汗かいて 稼ごうと思う!


東のみんなが、 はやく元気に笑顔になれるように、

西の私達が、みんなで大黒柱になろう。



たよりないとうちゃんだけど、がんばるで!!!





だから、生きていてね。 がんばってね。

被災者のために、日本のために、働いている人達も

生きていてください。

ありがとう。







強く生きよう。
強く 生きよう。




 

未分類 | 16:23:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
われは海の子
ブログ始めタテなので、自分の紹介を。

私は瀬戸内の海辺の片田舎で生まれ育ちました。

立派な田舎モンになりました。

学生と社会人で少し京都に住んでいましたが、街より田舎のほうが合います。

京都がそんなに喧騒でゴミゴミという街では決してなく、緑と歴史の溢れた好きな街です。

京都にいたからこそ日本の美しさに気づき、和風好みになりました。

それと、京都の料理は美味い!!

料亭だけでなく、街の全ての味付けがさりげない濃さで素材が活かされてるんです。

京都で暮らして味覚が磨かれてよかったな~ て思います。

話がそれたな・・・。

そんな私の大好きが集まっている京都に留まることをせず、故郷へ帰ってきました。

諸々事情もありのUターンでしたが、一番の理由は、故郷の自然が恋しくなったから。

育った環境って、人にとってかなり影響あるんですね。

私は、山や森が大好きだから、京都は合ってると思っていたけれど違ってました。

「海が近い山や森」が好きだったんです。

そんなに違わないと思ってたけど、私にはすごく違ってたみたいです。

う~ん、言葉にしにくいけど、海近くの低い山とか、植生とかが自分にしっくりくるのかな。

すぐ海を見に行けるということも大事な要素かも。

フナムシとか嫌いなんだけど、干物の干してる匂いとか嫌いだったはずなんだけど・・・、

海が近くにないとダ~メなんだな~~。

結婚して今住んでるところは海まで車で1時間以上。

のどかで良い土地なんだけど、少~し寂しいです。

われは海の子、大人になって実感です。


故郷の海の風景
故郷の海の風景




未分類 | 17:26:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。